'; ?> おまとめローンで重要なのは借入金額よりも借入件数※審査に通過する為に

おまとめローンの審査で重要となるのは既存の借入件数

おまとめローンは、最近では多くのカードローン業者で利用することができるようになっています。それだけに、どこの業者に申し込めば良いのか悩んでしまうところですが、おまとめローンの業者の選び方のひとつとしては、現在の自身の借入件数がどれぐらいあるのかによって決めると良いでしょう。

 

一般的に、おまとめローンに対応した業者で許容範囲といわれている件数としては4件といわれています。現状で既存の借入件数が5件未満であれば、

 

金利の低い銀行系カードローンでおまとめローンを申し込んでみる

 

と良いでしょう。ただし、銀行系カードローンの場合はどうしても審査が厳しい傾向にあります。また、借入件数が2件程度であればともかく、多くなればそれだけ審査基準のハードルもあがりますので、たとえば職業や年収などで審査に通らないケースもあるかもしれません。

 

そのため、もしも不安なのであれば銀行系カードローンにいきなり申し込むことはしないほうが無難といえるでしょう。特にパートやアルバイトで収入を得ている人の場合は、おまとめローンにおいてはそれだけでもどうしても審査で不利になりますので、

 

必ずしもおまとめローンが利用できるとは限らない

 

のが現状です。借入件数は5件未満だけれど、審査に通るかどうか不安な人や、5件以上のところから借入を受けているという人であれば一度にすべてまとめるということはせずに少しずつまとめていくといった方法になります。

 

おまとめローンの審査では、「借入件数」がひとつの審査基準となっていますので、件数が少なくなれば利用しやすい状態に近づきます。

 

既に借入を受けているところで増額してもらい、その分で既存借入のひとつを完済してしまえば、それだけでも借入件数が1件減ることになりますので、こうした方法で少しずつまとめていくのも良いでしょう。

 

また、おまとめローンを利用するにしてもすべてをまとめるのではなく現在借入を受けているうちの半分だけをまとめる、といった方法でも返済は楽になると思います。しかし、アコムマスターカードのようなクレジットカードの審査と同様におまとめローンの審査には時間がかかり即日融資というわけにはいきません。